<< Sqaleでcronが利用できるようになりました | main | 「Sqaleの特長」ページを公開しました >>

2012.11.08 Thursday

SFTPによるデプロイの速度を改善しました

いつもSqaleをご利用いただきありがとうございます。 SFTPによるデプロイの速度を改善しました。それに伴い、デプロイ方法をGitとSFTPのうち片方から一つ選ぶ仕様に変更しました。

【デプロイ方法について】
Sqaleでアプリケーションを公開する際に、サーバー上へプログラムをアップロードすることをデプロイといいます。SqaleはGitとSFTPという二種類のデプロイ方法をご利用いただけますが、デプロイ方法を選択制に変更しました。

これまでは両方のデプロイ方法を同時にご利用いただけましたが、GitでアップロードされたファイルとSFTPでアップロードされたファイルの同期処理のためSFTPによるデプロイに時間がかかっておりました。この変更でSFTPによるデプロイの速度を改善しました。

【変更後のご利用方法】
・Gitによるデプロイをご利用のお客様
標準のデプロイ方法はGitとなっております。Gitによるデプロイには変更ございませんので、これまでどおりご利用いただけます。

・SFTPによるデプロイをご利用のお客様
SFTPによるデプロイを利用するには、設定の変更が必要となります。アカウント設定のページのデプロイ設定でSFTPを選んで設定を更新してください。

git-sftp-1.png git-sftp-2.png

デプロイ方法をSFTPに変更するとGitによるデプロイはご利用いただけません。Gitを利用したい場合は改めて設定変更を行なってください。
デプロイ方法の設定は何度でも変更できます。アップロードしたファイルの同期処理はデプロイ方法を変更した際に自動的に行われます。

今後ともSqale(スケール)をよろしくお願いいたします。