<< 「Sqaleの特長」ページを公開しました | main | 【解決済】gitサーバーに接続できない >>

2012.11.16 Friday

Sqaleで「Ruby 2.0 プレビュー版」がご利用いただけるようになりました

2013/05/09追記: Ruby 2.0(安定版) に対応しましたので、こちらをご覧ください

いつもSqaleをご利用いただきありがとうございます。

Sqaleで「Ruby 2.0 プレビュー版」がご利用いただけるようになりました!
Ruby 2.0はRubyの次世代安定版で、11月2日に最初のプレビュー版である2.0.0-preview1がリリースされました。
Ruby 2.0にはさまざまな新機能が含まれますが、Sqaleで一足早く体験することができます!

SqaleでRuby 2.0を利用するには

SqaleではすべてのアプリケーションとコンテナにRuby 2.0がインストールされています。
Ruby 2.0をご利用いただくためには、コンテナにSSHでログインしてRubyのバージョンを変更してください。

(以下のコマンドはお手元のコンピューターで実行します)
$ ssh -p 2222 sqale@gateway.sqale.jp

コンテナ内でRubyのバージョンを変更するにはrbenvコマンドをご利用いただけます。

(以下のコマンドはコンテナ内にSSHでログインしてから実行します)
$ rbenv global 2.0.0-preview1
$ ruby -v
ruby 2.0.0dev (2012-11-01 trunk 37411) [x86_64-linux] # このようなバージョン番号が表示されます

Ruby 2.0を使ってアプリケーションを実行するには

SqaleにデプロイしたアプリケーションをRuby 2.0で実行したい場合は、Rubyのバージョン変更を行ったうえでbundle installを実行し、必要なライブラリをインストールする必要があります。
bundle installの実行後はアプリケーションを再起動してください。

(以下のコマンドはコンテナ内にSSHでログインしてから実行します)
$ cd $HOME/current
$ RAILS_ENV=production bundle install
$ /etc/init.d/app restart

Sqaleは今後も継続的にRubyのバージョンアップを実施し、最新の機能をいち早くご提供していきます。
今後ともSqale(スケール)をよろしくお願いいたします。

Sqaleの更新情報はお知らせブログやTwitter、Facebookページでご覧いただけますので、お見逃しなく!